愛する事は抱きしめる事じゃなく突き放す事

ジャニーズについてが9割ブログ

全国民が好きであろうTOKIOと山口達也の袖なし問題

芸能人はアンチがいてナンボ。という話を聞いた事がある。しかしアンチが存在しないのではないかと思っているグループがいる。現にまだ出会ってはいない。そのグループはTOKIOだ。ここ数年、鉄腕DASHが好評だ。いや、以前からだったかもしれないが私は見ていなかったので何とも言えない。

鉄腕DASHがやり始めた頃は見ていた。今ではもうやっていないが企画物が多かった。農業はその後からなのできっと農業やり始めたくらいから見ていない。子供だったから農業なんて…と思っていたのかもしれない。私が鉄腕DASHを見るきっかけになったのは、3.11後の事だった。DASH村が福島だったと分かり、どうなったんだろうと思いまた見始めた。いつの間にかTOKIOは進化してもう知らない事はないくらいな勢いで知識と経験を積み、もはやアイドルではなく農業が本業と思わせるほどだった。

今ではtwitter鉄腕DASHツイをやるのが楽しみで仕方ない。スタッフのメンバーイジリのテロップなどに笑い、楽しい時間だ。たぶんそれは全国民も同じではないだろうか。山口達也の袖なし問題とか国分太一の0円食堂のエース感とか、それを元にネタ祭りになったりとか。

「その○○捨てちゃうんすか?」

「まな板にしようぜ、まな板に!かなりまな板だよこれ!」

「達也には考えがあった」

まな板発言は一時凄いネタ祭りになったほど有名になった発言だ。松岡昌宏のまな板愛はその後も少し出てきたりする。達也には考えがあったというのはナレーションでよく聞くセリフだ。逆に考えがないのを教えてくれ。

山口達也はたびたび話題になる。先ほども書いたが袖なし問題について。きっかけになったのは音楽番組などでいつも袖なし衣装を着ているというところから始まる。毎度毎度袖なし衣装なのでいつからかTOKIO山口達也の袖を作れだのカイコを飼うところから始めるだの、ネタ祭りに発展していった。そして私はというと安定のフレーズでつぶやく。「今回も山口達也の袖なし」

山口達也はこの件に関してラジオで話している。あのムキムキな二の腕なので服が入らずいつからか袖なしになったのだという。

しかし今年衝撃が走った。fragileという楽曲を披露したのだが、山口達也はまさかまさかの袖ありだったのだ。これも瞬く間に話題になり「袖あんのかーい!」と思わずつぶやいた。逆に袖なしが定着していたのにまさかののこで袖あり…。結局みんな山口達也には袖なしがいいのか袖ありがいいのかは、はっきりしない。

ZIP!でfragileのMVを公開した時、誰かが「何で今回は袖があるんですか?」と確信をついた発言をした。それを聞いた山口達也は「今はその話いいでしょ」と口を閉ざしたのだ。結局なぜfragileの時袖ありを選んだのかは謎のままだ。

結局山口達也の事しか書いてない気がするが私は山口達也が好きなので自然とこうなってしまった。次は公平に書くことにしよう。