愛する事は抱きしめる事じゃなく突き放す事

ジャニーズについてが9割ブログ

V6との歴史

小学生の頃、学校へ行こう!が流行っていた。私も見ていたのだがいつからか見なくなり番組も終わってしまった。見ていた当時、井ノ原快彦を好きになった。彼の面白さや優しい雰囲気に惚れた。しかし突然の結婚。ショックが大きかった。そしてすぐ三宅健に乗り換えた。たぶん結婚のショックを紛らわしたかったんだと思う。三宅健伊東家の食卓に出演し毎週のように見ていた。どうでもいい話だが今でも伊東家で紹介された裏ワザを使っている。

それから何年か経ちV6は20周年yearを迎えようとしていた。紅白歌合戦で画面が切り替わるのが早くてsexy zoneとテロップが出されたままのは笑った。Mステなどに出ているのを見てはいたはずなのに、V6が揃っている姿は圧巻で大人の男になっていてこれは20周年祝わねばと思った。20周年yearともなればTV露出が多くなり見る機会も増えていった。そんな時ふと思った。坂本昌行最高じゃね?って。美声は昔から分かってたけど大人の男になってまた一段と凄い!フェロモンムンムン筋肉ムキムキの坂本昌行何者!?そう思ってからFC入るのは意外にも早かった。しかしアニバコンには間に合わず参戦はしていない。
私がFCに入り最初に最初に見たのは11年目に突入した滝沢歌舞伎。初めてにして三宅健の裸体と滝沢秀明の裸体を見た。そして三宅健の骨折の日の公演だったのだ。その時の話はまた別に書こうと思う。
その後坂本昌行主演のマーダーフォートゥーを見た。6月3日昼公演だ。生坂本昌行。舞台めちゃくちゃ面白かった。終始笑いっぱなしの2時間だった。あまり書くとネタバレになってしまうだろうから千秋楽後にまた感想を書きたい。
坂本昌行の美声、踊り、柔軟性、表情の1つ1つが今まで以上に虜になる。私は一時期頭おかしくなって(今でもそうだけど)坂本昌行喉ちんこになりたいと思った。これから先LIVEなど行くことがあってLIVEでの違った坂本昌行の美声を聴いた日にはきっと私は妊娠するだろう。(しません)